アイフルの借入

お借り入れの金額によっては、収入証明書の写しのご提出が必要となります。

具体的には以下の場合に収入証明書の提出が必要になります。

ひとつはアイフルの利用限度額が50万円を超える場合に必要になります。

また、アイフルの利用限度額の他にも貸金業者からのお借り入れがあり、その合計額が100万円を超える場合にも必要になります。

このような影響を受けながらもアイフルは独立系消費者金融会社としてユニークなサービスを打ち出しています。

例えば、わんポチッとです。

このサービスは限度額が10万円ですが、書類不要で審査を受けて利用できるサービスです。

また、4つの項目に応えるだけで、直ぐにお借り入れ可能かを診断できる。

1秒診断もアイフルのユニークなサービスです。

その他にもおまとめローンや借り換えローンサービスのおまとめMAXやかりかえMAXもとても便利なサービスです。

このようにアイフルでは様々なサービスを展開し、お客様の利便性を考えたサービスを展開しています。

これからもお客様のご要望に応える新しいサービスを提供してくれる事でしょう。

即日融資可能が金融業者は限られています。急ぎでお金が必要な方はこちらの利用をオススメします⇒金融即日

高齢者には年金担保貸付事業がおススメ

年金担保貸付事業は、独立行政法人福祉医療機構が行い、利息率は年金担保貸付で年利1.6パーセントととても低く設定されています。高齢化社会に対応して生まれた貸付事業といえると思います。

この独立行政法人福祉医療機構以外、年金を担保に貸付を行える機関というのは存在しないという事を、あらかじめ知っておけば、おかしな貸付機関からの融資話を退ける当面の予防線になるでしょう。オレオレ詐欺や悪徳商法も然りですが、高齢者や単身者って得てしておかしい話に巻き込まれがちです。

おかしい話を持ちかけてくる業者は、もとより借りた額を利息が少ない状態で返してもらう事など考えておらず、次々利息を上乗せする事が目的なのです。特に、独居をしている高齢者は珍しい存在ではないですから、本来であれば行政があげてそういう悪徳な手口があるという事を知らしめるべきだと思うのですが、そうもいかないのが現況のようです。

ヤミ金融も、いくら撲滅を図ってもまん延は業者の電話からと聞きます。やむなく一人で暮らす高齢の方には、年金担保貸付事業でお金を借りる事を伝えてあげるのも得策かもしれません。

金利の低いところに借り換え

私は今まである消費者金融で借り入れをしていました。しかしそこは後で調べてみるとどうやら金利が高い事で有名なところで、私も事実今まで結構金利の高さで苦しんでいました。

 

そこで、借り換えをしようと考えたのです。しかしやはり銀行系のカードローンは敷居が高いという事で、また同じく消費者金融系のカードローンで借り換えをしようと考えたのです。

 

借り入れ金額が大きいと利子が安い傾向にあるというモビットで私は借り入れをし、元のローンは全て返済しました。

 

そして今はモビットで返済をしているのですが、前に比べると利子が安くてだいぶ楽になっています。なので思い切って借り換えをして良かったなと思っています。迷っている方は是非やった方が良いですよ。